top of page
検索
  • 執筆者の写真有限会社 織田

研修生の感想②ワイヤーカット放電加工機のメンテナイス

1⃣メンテナンスとは

 具体的に言うと点検(機械を正常に維持するために行う作業)です。

 (人間でいうところの健康診断に一番近い)

 今回は部品やねじの取り換え・調節、機械の試運転などを行っていました。


2⃣メンテナンスする意味

 メンテナンスの最終的な目的は機械を正常に安全に今後も使う事が出来るようにするためです。機械は数年間使用すると部品の一部が劣化・破損している事がかなり多いです。なので一部の会社では数年で部品を取り換えたり、全般検査などを行っている企業があります。


3⃣今回はどんな事をおこなったの?

 今回メンテナンスした範囲は以下の通りです。


 ⑴ガイドの調整

 ⑵ねじのメカピ塗り、ねじの耐久性を強化

 ⑶上ヘッドの検査



 説明はそれぞれ説明します。


 ⑴ガイドの調整

 ガイドは左と右で分割されていてワイヤー線を固定するために使われるワイヤーカット放電加工機で重要な部品です。ガイドの調整は左と右をピッタリにするようにしないといけません。なぜかと言うともし仮に左と右がズレていたらワイヤーをうまく固定するのが安定せず寸法が出なくなったり思ってた形が違うという事態になるからです。


 ⑵ねじのメカピ塗り、ねじの耐久性を強化

 ①ねじのメカピ塗り

 ねじは必ず締める前にメカピ(黒緑色をした粘りけのあるクリーム)を塗る必要があります。理由は部品にねじをしめた際、数年後にねじが折れて部品を外す事が困難にならないようにクリームを塗ってねじの劣化を抑えます。


 ②ねじの耐久性を強化

 樹脂の部品に金属を入れてねじを強化しました。理由は樹脂だけでは耐久性が弱い為中に金属をいれてねじの耐久性を強化していました。これをヘリサートと呼ばれます。


 ⑶ヘッドの検査

  ピストンを外して悪くなったヘリサートを取り換えてました。


4⃣感想

 機械部品の取り換えやねじにメカピを塗って耐久性強化などといった故障に繋がらない要因をメンテナンスで解決させたりガイドの左右をぴったり合わせる事や上ヘッドの検査などを見て機械を安全に維持するには厳密な検査、点検、修理を行う必要があるんだなと感じました。


 

 

0件のコメント

最新記事

すべて表示

研修生の感想③ワイヤーカット放電加工機に触れて

こんにちは、東京都立六郷工科高等学校デュアルシステム科から来た2年研修生です。 今回は昨日、ワイヤーカット放電加工機を初めて操作して感じた事を言いたいと思います。 1⃣ワイヤーカット放電加工機とは ワイヤーカット放電加工機はカミナリと静電気を原理にし特殊な電極やワイヤー線などを使って電気(小さいカミナリ)を人工的に作ります。この機械では電気で金属を溶かしながら半自動的に加工します。そしてワイヤーカ

研修生の感想①(2年生)

こんにちは、東京都立六郷工科高等学校デュアルシステム科からきた2年研修生です。 今回は、前期長期就業訓練及び去年に前期インターンシップで有限会社織田様で学んだ事や、その詳細について具体的に触れていきたいと思います。 ⑴学んだ事 ①機械を全体に見る。 有限会社織田様で学んだ事は、機械を一つの機能に集中するのではなく全体を見ることを心掛けました。理由は、一つの機能に集中した際、その別の機能で故障が起き

Comentarios


bottom of page