top of page
検索
  • 執筆者の写真有限会社 織田

380×360×t110の大型部品加工

こんにちは。有限会社織田の織田法彦です。

今回は弊社で加工した、【380mm×360mm×t110】の部品加工を紹介したいと思います。


加工した内容は以下の通りです。

【材質】S45C

【ワークサイズ】380mm×360mm×t110

【加工形状】290±0.1×270±0.1の四角を抜く


上記の内容で加工をし、内部応力等の影響による加工後の変形を考慮し加工方法に一工夫を加えた結果、寸法内に収まり加工する事が出来ました。


今回使用したワイヤー径は0.3mmだった為、加工スピードも想定よりも早かったです。

また、今年納入したU6H.E.A.T.を使用して加工しましたが、0.3の加工条件も豊富に準備されていた為大変スムーズな加工が出来ました。






0件のコメント

最新記事

すべて表示

研修生の感想③ワイヤーカット放電加工機に触れて

こんにちは、東京都立六郷工科高等学校デュアルシステム科から来た2年研修生です。 今回は昨日、ワイヤーカット放電加工機を初めて操作して感じた事を言いたいと思います。 1⃣ワイヤーカット放電加工機とは ワイヤーカット放電加工機はカミナリと静電気を原理にし特殊な電極やワイヤー線などを使って電気(小さいカミナリ)を人工的に作ります。この機械では電気で金属を溶かしながら半自動的に加工します。そしてワイヤーカ

研修生の感想②ワイヤーカット放電加工機のメンテナイス

1⃣メンテナンスとは 具体的に言うと点検(機械を正常に維持するために行う作業)です。 (人間でいうところの健康診断に一番近い) 今回は部品やねじの取り換え・調節、機械の試運転などを行っていました。 2⃣メンテナンスする意味 メンテナンスの最終的な目的は機械を正常に安全に今後も使う事が出来るようにするためです。機械は数年間使用すると部品の一部が劣化・破損している事がかなり多いです。なので一部の会社で

研修生の感想①(2年生)

こんにちは、東京都立六郷工科高等学校デュアルシステム科からきた2年研修生です。 今回は、前期長期就業訓練及び去年に前期インターンシップで有限会社織田様で学んだ事や、その詳細について具体的に触れていきたいと思います。 ⑴学んだ事 ①機械を全体に見る。 有限会社織田様で学んだ事は、機械を一つの機能に集中するのではなく全体を見ることを心掛けました。理由は、一つの機能に集中した際、その別の機能で故障が起き

Comments


bottom of page