top of page
検索
  • 執筆者の写真有限会社 織田

【設備入れ替え】EU64勇退


今回のブログは弊社ワイヤー放電加工機EU64の勇退(売却)のご報告記事になります。


さて、今回手放すことになったEU64は弊社の中で最も古いワイヤー放電加工機でした。

どんな機械だったのかと言うと、仕様としては下記の通りでした。

【メーカー】 牧野フライス社製

【製造年】 2005年

【加工範囲】x600 × y400 × z240

【機械サイズ】2150 mm × 2650 mm × 2200 mm

【加工電源】 S電源

【オプション】 20㎏巻きのオートローダー 北川C軸DM-100


この機械の1番の特徴は機械サイズが小さいにも関わらず、加工範囲がX600まで対応できる事だったと思います。現在販売されているワイヤー放電加工機はメンテナンスや内部部品、構造等の影響で20年前の機械よりもサイズが大きくなっています。

もちろん、機械サイズが大きくなっている事で加工精度や加工速度が上がり、前よりも優れた機械になっていることは間違いないですが、弊社の様な小さな町工場においては省スペースで大きな製品を加工できる機械というのが実用的であり、工場の価値を上げてくれました。


また、EU64を使用して加工した製品を振り返ると、圧倒的に薄物で長い製品が多かったです。加工範囲が広いことが特徴ですがZ軸は240だった為、弊社では厚物は他設備・薄物はこの機械で、という使い方をしていました。

それ以外にも、ワイヤー放電加工機では珍しいC軸が付いていた為、角度を決めて加工する製品を依頼されたときは『C軸付けた意味あって良かった…!』とテンション上がりました(笑)。もちろん他の加工屋さんでは大変難しい加工なので、費用面でも有難い加工となりました。


このブログを投稿している今日も現役バリバリで活躍してくれていますが、9月には新規設備と入れ替えで勇退となる予定です。

もし、このブログを読んだ方でワイヤー放電加工機を導入したい、一度この機械を見てみたいという方がいらっしゃれば是非お声かけください…!









0件のコメント

最新記事

すべて表示

研修生の感想③ワイヤーカット放電加工機に触れて

こんにちは、東京都立六郷工科高等学校デュアルシステム科から来た2年研修生です。 今回は昨日、ワイヤーカット放電加工機を初めて操作して感じた事を言いたいと思います。 1⃣ワイヤーカット放電加工機とは ワイヤーカット放電加工機はカミナリと静電気を原理にし特殊な電極やワイヤー線などを使って電気(小さいカミナリ)を人工的に作ります。この機械では電気で金属を溶かしながら半自動的に加工します。そしてワイヤーカ

研修生の感想②ワイヤーカット放電加工機のメンテナイス

1⃣メンテナンスとは 具体的に言うと点検(機械を正常に維持するために行う作業)です。 (人間でいうところの健康診断に一番近い) 今回は部品やねじの取り換え・調節、機械の試運転などを行っていました。 2⃣メンテナンスする意味 メンテナンスの最終的な目的は機械を正常に安全に今後も使う事が出来るようにするためです。機械は数年間使用すると部品の一部が劣化・破損している事がかなり多いです。なので一部の会社で

研修生の感想①(2年生)

こんにちは、東京都立六郷工科高等学校デュアルシステム科からきた2年研修生です。 今回は、前期長期就業訓練及び去年に前期インターンシップで有限会社織田様で学んだ事や、その詳細について具体的に触れていきたいと思います。 ⑴学んだ事 ①機械を全体に見る。 有限会社織田様で学んだ事は、機械を一つの機能に集中するのではなく全体を見ることを心掛けました。理由は、一つの機能に集中した際、その別の機能で故障が起き

Comments


bottom of page